即日キャッシング

ネットで申し込んで即日キャッシングする手順や注意点

キャッシングの方法には大きく分けて3種類あります。直接店舗に出向くか、街中にある無人契約機のブースへ行くか、ネット上で契約を行うかです。直接店舗へ赴く方法は、面倒であるうえに、わざわざ顔を合わせたくないという利用者の思いもあって、現在殆ど用いられません。また無人契約機にもメリットはありますが、最近ではネットを通した即日キャッシングの申し込みでも、同様のメリットが享受出来ることから、大手数社以外は無人契約機の数は多くありません。そこでこの記事では、現在主流となりつつある、ネットでの即日キャッシングのポイントや流れをしっかり紹介したいと思います。

★ネットキャッシングのメリット

ネットキャッシング最大の利点は「ラク」というその一点に尽きるでしょう。端的に言ってしまえば、キャッシングの申し込みに際してはネットで必要事項を書くだけだからです。無人契約機のデメリットの一つに、ブース内に先客が居た場合、1時間弱待たされるという欠点がありますが、ネットでは待たされる心配も一切ありません。

店舗や無人契約機に出向こうが出向かまいが、審査の厳しさは同じです。何故ならば、キャッシング会社は借り手が現在どれだけの返済能力があるかどうかを最も重視するからです。(姿が見えないので挙動不審であっても分からないぶん、ネットキャッシングは他の手段に比べ、若干有利だとも言えます)。

★ウェブ完結が可能なキャッシングとそうでないキャッシング

一方で注意しておかなければいけないことは、ネットでのキャッシングは、必ずしもウェブ上で「完全に」完結するとは限らないことです。後に詳しく述べますが、ネットで申し込んで即日キャッシングするには、無人契約機と組み合わせた方が得なこともあります。また、キャッシング会社によっては申込者と在籍会社へ確認の電話がかかってきます。金額によっては在籍確認のないキャッシング会社もありますが、ネットでキャッシングを試みる場合は、まず電話があると思って下さい。

アコムやプロミスを筆頭に、今の時代、大手キャッシング会社はどこでもウェブ完結が可能です。融資スピードは最短30分で着金するレイクが有名ですが、他社もそこまで大差はありませんし、なにより無人契約機でも30-40分程度で済みます。しかし、電話とキャッシングカードの送付だけは大手キャッシング会社によっても差があります。電話もかかって来なければ、キャッシングカードも自宅に郵送されないという、「完全」なウェブ完結が可能なるのはモビットだけです。ただし、モビットは他社に比べ、審査が厳しいという話もあるので注意しましょう。

★ネット即日キャッシングで事前に必要なもの

ウェブ即日キャッシング申し込みを行うにあたって、事前に揃えておく必要があるものは、身分証明書と、収入証明書、在籍証明書の3つです。身分証明書は運転免許証かパスポートで問題ありません。収入証明書は源泉徴収票か給料明細が一般的です。キャッシング会社によっても違いますが、ウェブ完結を成功させようと思うのであれば、給料明細は2ヶ月分用意しなければいけません。仮に揃っていなければ、最低でも利用者の元へ電話がかかってきます。在籍証明書は健康保険証か組合保健証があれば問題ありません。また、モビットに代表されるように、特定の銀行がバックボーンについているキャッシング会社は、ウェブ完結型キャッシングの条件として、三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座を所有が前提となっている場合があるので、ウェブ即日キャッシングを申し込みするにあたっては、事前に指定口座を作って置いた方が良いかもしれません。

★即日キャッシング申し込みの流れ

大手キャッシング会社のウェブサイトに訪れると、年収や借入金額を入力するだけで融資可能か判定してくれる機能があるので、確実に即日キャッシングを成功させるためにも、事前に自分の融資希望額が妥当かどうかを測定しておいた方が良いでしょう。このスピードチェックで融資が可能そうであれば、ウェブ申込みで早速氏名や住所、電話番号、年収などの個人情報を記載していくこととなりますが、現住所と運転免許証の住所が異なっている場合は、審査に通らないので注意が必要です。

必要書類の提出方法は郵送やFAXで送信でも問題ありませんが、確実に即日融資を望むのであれば、申し込みの際に画像添付という形で書類を提出することになります。申し込みの前に、用意した証明書の画像を携帯内やパソコン上に予め保存しておくのが望ましいでしょう。その際、運転免許証は必ず裏表の撮影を忘れないようにしておきましょう。画像をアップロードし申し込みを完了したらあとは待つだけです。

これまでに上述したキャシング会社の例で言えば、モビットは最短10秒で審査結果が通知されます。アコムやプロミスは審査回答に最短30分を要することを思えば圧倒的な早さです。モビットもプロミスも書類さえ整っていれば電話がかかってくることはありませんが、プロミスに限っては在籍確認が行く場合があります。一方、アコムは電話が必ずかかってきます。じゃあアコムにするメリットは?と言いたくなりますが、アコムだけは、口座入金が最短1時間なんです。他の2社はどちらも「最短即日」です。まとめると、バレずに審査スピードを重視するならモビット、審査の通り易さを選ぶのであればプロミス、一刻も早く入金して欲しいのであればアコム、といったところでしょうか。自分の状況に応じてしっかり使い分けましょう。

★即日キャッシングの注意点

無人契約機同様、ウェブ申込みでも即日キャッシングは24時間可能なわけではありません。担当者が居ないこともありますが、何よりも銀行口座が15時締めだからです。各社によって多少差がありますが、基本的にはどこも14時までにウェブ申し込みを完了していないと、即日キャッシングは出来ないと思って下さい。モビット以外が審査回答までに30分以上要することを思えば、即日受け取るためには余裕を持って午前中のうちに申し込んでおくのが良さそうです。

また、モビット以外はどこのキャッシング会社も申し込み完了後、キャッシングカードが自宅に送られてきます。一人暮らしの人ならば問題ありませんが、キャッシングカードは受取の際、自宅に誰かが在宅していなければいけないので、その過程で家族に知られてしまう可能性があることも注意しておきたいところです。